Y-3 SS21 CHAPTER 3

Y-3 SS21 CHAPTER 3

Y-3が「Spring/Summer 2021」コレクション「第3章」を発売
adidasと山本耀司がY-3の「Spring/Summer 2021」コレクションの最後を飾る「第3章」を発表いたします。都市に適した全天候型プロテクションに対するブランドの探求を受け継ぐ当コレクションは、絶え間なく変化する都市生活からインスピレーションを得ています。以前の2つの章の基礎になるコンセプトをさらに進化させた「第3章」で、Y-3は「Kage Wo Otosu:影を落とす」という現象から着想を得て、影というコンセプトにフォーカスしています。 山本耀司の比類ないレンズを通して創造されたアパレルの特徴は、焼けつくような太陽光から着る人を守ることを目指したディテール使いとシェイピングです。都市に降り注ぐ光の自然なカーブとムーブメントをアパレルに落とし込んみ、スイムウエア、グラフィックT、ドレスがラインナップされています。透け感のあるレイヤーとエアリーなファブリック使いが特徴で、半透明素材のディテールを融合させています。アパレルのコレクションに命を吹き込むのが、鮮やかなカラーパレットと、アーティストのスティーブン・ドハーティ(Stephen Doherty)が描いた花のグラフィックです。その一方で、アパレルにマッチする春夏用のアクセサリーも多数登場。「Y-3 CH BOTTLE(CH ボトル)」、「Y-3 POCKET BAG(ポケット バッグ)」、そして「Y-3 SQUARE LABEL CAP(スクエア レーベル キャップ)」が含まれています。

影というコンセプトを発展させたフットウエアでは、「NOTOMA SANDAL(ノトマ サンダル)」と「ULTRABOOST(ウルトラブースト) 21」が華やかにデビューします。同名のシューズを春夏用に生まれ変わらせた「NOTOMA SANDAL」は、メッシュ/スエード素材のアッパー、オープン構造、ネオプレン製のヒールストラップを採用。その全てがボリュームのあるアウトドア仕様のミッドソールに搭載されています。また「ULTRABOOST 21」で山本耀司は、アイコニックなadidasのランニングシューズを再解釈。開放的なスリッポンスタイルのPrimeknit(プライムニット)製アッパーに、BOOST フォームとContinental(コンチネンタル)™社のラバー製アウトソールを組み合わせています。両方のフットウエアとも、ブラックとクリームという対照的な配色のカラーウェイで仕上げています。

DISCOVER

SEARCH